建物管理と賃貸管理

不動産管理にはおおきく分けて建物管理と賃貸管理があります。建物管理の場合、マンションやアパートの共用部分の維持や保守管理が主な業務です。共用部分の清掃やゴミ出し、廊下や階段部分等の管球切れが無いかなどチェックします。他にもエレベーターやオートロック等の不具合が起こらないよう点検も行います。建物管理は建物の外観や共有部分の清掃、設備等の日常的なメンテナンスや管理と言った物理的な管理が主な業務です。また建物管理の業務内容は、管理する建物の特徴や規模によっても異なります。一方、賃貸管理の主な業務は、入居者管理と家賃等の管理です。入居者管理の場合、入居の際の立会いや、設備等の取り扱い説明を行います。入居後も他の入居者や近隣住民への迷惑行為の処置業務や、苦情対応業務を行います。退去する際の受付、立会い業務も行います。家賃等の管理の場合、家賃等の徴収を行い、家賃等の滞納がある場合は滞納者に対し文書、電話、訪問による督促業務を行う必要があります。中には督促業務で解決できない案件もあり、その場合は法的手段を用いて対応します。他にも様々なトラブルがあり、家賃滞納だけでなく、退去時の敷金の精算に関するトラブルや騒音のマナーに関する事や、入居者のゴミ捨て方法についての苦情なども起こりえます。その為、個人で賃貸管理を行う事は非常に負担が大きいと言えます。実際、賃貸物件を所有するオーナーの多くは、不動産管理会社に賃貸管理業務を任せているケースが多いです。

建物管理と賃貸管理

入居者管理 賃貸管理の業務は大きく分けて2つあります。それは“入居者管理”と“家賃等の管理”です。入居者管理の場合、入居者受付・立会い業務があります。これは入居者との引渡し日時の確認や、入居時または前の設備等の取り扱い説明や、室内の状況確認等を説明します。また近隣、入居者の苦情対応業務も行い、・・・ >> 詳細はこちら
リロケーションとは リロケーションとは本来、“移転または配置転換”と言う意味をもち、不動産用語として使用される場合は転勤者の留守宅を賃貸管理するサービスのことを指します。リロケーションが広がり始めたのは平成12年(2000年)3月1日であり、「定期借家権制度」によって一定期間経過すると契約を終了する・・・ >> 詳細はこちら
仲介・管理 賃貸不動産管理会社には、入居者募集から契約だけを行う仲介専門の会社と、仲介と管理を並立して行っている仲介・管理会社があります。中には、仲介は外部委託し、仲介のみを行っている管理会社もあります。仲介部がある管理会社と無い管理会社ではどのような違いがあるでしょうか。仲介部がある管・・・ >> 詳細はこちら